みんカラカラコンどんぴしゃは直径とデザイン

カラコンのサイズは2種類あります。ひとつは「着色されている部分の大きさ(着色直径)」であり、もうひとつはパッケージに記載されている「DIA」です。DIAはレンズそのものの大きさで、透明の部分も入れた全体のサイズとなります。
よく使われている一般的なカラコンの着色直径は14.0mm前後のものです。つけていないかのような、より自然な雰囲気を出したい時は13.8mm程度の小さめサイズを、黒目を大きくデカ目を演出したい場合は14.5mm程度の大きめサイズが最適となります。しかし、黒目と白目のバランスは人によって異なるため、限度を超えた黒目の大きさは不自然であり愛らしい目元とはいえません。白目:黒目:白目の黄金比率である、「1:2:1」を意識して選ぶと良いでしょう。
DIAが大きければカラコンが目の中で安定して、カラー部分と黒目のズレがほとんど無くなり、視界もクリアになります。しかし、大きいと目を覆う部分が大きくなるので、目にかかる負担が大きくなります。また、DIAが小さければ目にかかる負担は軽くなり、ゴロゴロなどの異物感も少なくなります。しかし、小さいと瞬きの度に動きが生じ、黒目から多少ズレる場合があります。カラコンのサイズ選びは慎重に、着色直径だけでなくDIAも考慮し、自分の目のサイズに合ったものを使うことが大切です。

では自分にはどれが合うかを考えたときに、みんカラカラコンの16mmというのがふと頭に浮かんだんです。
一応はサイズというのがありますが、では友達と私が同じみんカラのを着けたとして、全く同じように見えるかというと決してそうとは限りません。
なぜそういうことが起こるのか。
恐らく顔立ちの違いもあるでしょうし、目の形のちがいもあるでしょう。様々な要因を元に目の印象は決まりますから、このサイズでベストだよというのはまずないんです。

頭ごなしに決め付けることは、せっかくのチャンスを逃してしまう恐れがありますので、それは避けたいです。

あとはデザイン的なこと。キングダム15とクイーンのグリーンではサイズは一緒でもどっちが大きく見えるかってことです。人はものを見るときに、色によって大きさが違って見えるようです。
膨張色とかありますよね。それと一緒で、同じ大きさのものが大きく見えたり小さくみえたりというのは色合いだったり、模様、柄だったりによって違ってくるってわけです。

ページトップへ